こだわり職人の想い・・・

パンが主食であるフランスのパン屋さんは人々の日常生活の中に
完全に溶け込んでいます。

日本で、毎朝お米を炊くのと同じように、フランスでは毎朝パンをパン屋さんに買いに行きます。
フランスのパン屋さんを忠実に再現するのではなく、フランスのパン屋さんのように、日常に溶け込んで
子供からお年寄りまで、毎日気軽にパンを楽しんで頂きたい。
「とにかくパン生地が美味しい!・・・そして、できるだけ安全に・・・」
そう思いながら毎日パンを焼き上げています。

この間も、小学生低学年の女の子が夕方1人買い物に来ました。
あいにく、ほとんど売り切れで、すごい申し訳なくて
売り物にならないクリームパンをプレゼント。
毎日、決まったパンをお買い求めくださるご年配の方・・・
遠方からハード系を求めいらっしゃるお客様。
もちろん、全ての皆さん、本当にありがとうございます。
少しづつですが自分の思い描いたパン屋さんになってるのかなぁ。

お店の目の前は公園です。
「昔より、パン屋さんが出来てから公園で遊ぶ子供が増えた!」そう言われました。
なんかうれしかった。

オープン当日・・・
「いらっしゃいませ!」より
「ありがとうございます。」を言うと涙声になってしまうのを思い出しました。
さすがに、今は泣かないのですが「あの時の気持ち」絶対に忘れるな!
心に誓いました。

なんだろう?ダラダラ長文テンチョウでした。

フォロー


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です