老眼鏡!?ヘナチョコテンチョウ奮闘記⑨

僕は未だに目だけは良い。

「メガネは薬だと思って掛けて下さい。」

パン屋は機材に多くの場所をとられて
案外、人のいるスペースって小さい。

そこは、1日自分の立ち位置に立ったが最後動けない。
人がすれ違う事もままならないのだ。
トイレと休憩以外はその位置から動けない。
何か物を取るのでも全てバケツリレーのようにやって来る。
落ち着きの無い僕は、1日そこに立ち尽くす事が拷問のようだった。

精神的にきたんだと思う。
物が2重に見えるようになって焦点が合わない。
バイク通勤していたんだけど、バランスも取れない程だ。

眼科に行った。神経科とかに行った方が良かったかもしれない。

目だけは子供の頃から良かった。

視力テスト。片目づつなので2重になる事はない。
得意げに、どんどん小さくなるCマークを当て続けた。

「遠視です。メガネは薬だと思って掛けて下さい。」
2重に見えることがうまく伝わらなかったようで
遠視用のメガネを作らされた。

「まだ、その年だから老眼とは言わないけれど・・・。」

その後、目は自然に治った。

28歳の冬だった。。。

ほとんど使われずに、ほこりをかぶってる老眼鏡 遠視眼鏡。

そろそろ出番か?

フォロー


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です