バゲットを食べよう!!

「このパン、どうやって食べるの?」やっぱり聞かれるので
僕のフランスパンの食べ方をお教えします。

いつ食べるかが大事です。
今日、焼き立てで買ったパンを今日中に食べるのならば
紙袋に入れたままでも結構だと思います。

明日の朝にしよう!って時には
冷めて熱が取れていたら、即付属のビニール袋に入れ替えます。
皮がフニャッとなるのが気になるかもしれませんが
焼き戻しでカバー出来ます。それより水分を飛ばさない事の方が
大事です。

どうしても、それ以降に食べると言う時は冷凍保存します。
保存方法は1回で食べきる最大の大きさにカットして
(薄くスライスしたりしないで、なるべく乾燥させないように)
アルミにピッチリ包んでその上からラップで密封します。

さぁ焼きます。
焼き方というより温め直しと言った方が近いかもしれません。
まずオーブンを温めておきます。
薄くスライスしないで、その時食べる最大の大きさのまま
アルミに包んでオーブンに入れます。
スライスするなら焼き戻した後です。

パンが焼き上がってからそんなに時間がたっていない場合。
オーブンに入れると皮の状態:硬い→フニャ→また硬くなる=焼き戻し完了(3~4分位)
皮が戻ってしまっている場合。→→→フニャ→また硬くなる=焼き戻し完了

冷凍しておいた場合。もし霜がついていたなら必ず落とす。(匂いが移る)
芯まで解凍するのに時間の掛かるパンなら自然解凍させますが
バゲット位ならそのままオーブンに入れてしまいます。
僕の場合アルミに包んで冷凍しているのでそのままオーブンへ。

ちなみに、パンが一番パサパサになるのは冷蔵庫の中です。
解凍するときはその温度帯をいかにすばやく切り抜けるかです。

僕の好きな食べ方は、バゲットに無塩バターです。
これは好き好きなので「私はこれっ!」が
一番美味しい食べ方だと思います。

長文になりました。
でも、パン屋はこれをもっと皆に伝えなきゃいけないんですよね。
(今更と言われようとも)

フォロー


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です