テンチョウは右利き!?


僕は投げ打ちです。
のっけからなんだって感じでしょうが、

パン屋で生地の計量の時、使う上皿棹秤(カンピョウサオバカリ)。
当然、向きがあります。利きなら写真のように置いて使用します。

初めて、これを使った時、当時のチーフが利きなのに
逆に置いて使っていたのです。
当然、僕も何の疑いも無くそのように使っていました。
誰かに指摘されたのか、本で見たのか忘れましたが
とにかく、逆である事に気付きました。
慣れてしまっていたので、直すのが大変でした。

字を書くのは
歯磨きは
ヒゲソリも
はさみ、時と場合によって、両方

ここからが、もっと厄介です。
パン屋の仕事です。

粉の計量は
砂糖などの副材料の計量は
水の計量も
じゃないと正確に測れない。。。

・・・あれ~何かやりずらいなぁ・・・

そういう時は、無意識に逆の手でやっている時です。

自分でも、なんなの?って感じです。

すみません、こんなヤツがパン作ってます。

フォロー


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です