砂糖と塩。


左が奄美産キビ糖、右がフランス産ゲランドの塩。
どちらも真っ白ではありませんね。

最近、こだわり食材に接する事が多いです。
食材探しは楽しいのですが
やはり、ネックは価格ですね。

感覚が麻痺しそうです。

健康を考えると、
例えば、無農薬小麦もそうですが
味が全く違うとか、視覚、味覚に直接訴えられる物なら
良いのですが、そうとも限りません。
数値でアピールしたり、何らかの販促をしなければ難しいですね。
でも、熱意を持った生産者の方と一体となって仕事が出来たら、
それは、素晴らしい事だと感じています。

フォロー


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です