クリリンより愛を込めて。

「悪いっ!明日はスーパーサイヤ人でお願いっ!」

クリスマスの週末、人員が集まらない。

どうする?


パン学校からの実習生。
本当に頑張ってくれた。
現スタッフだけでは乗り切れなかった。

「悪いっ!明日はスーパーサイヤ人でお願いっ!」

山場を向かえ、更にバイトも集まらない。
忙しさも頂点へ、実習生に覚悟を促す。

「あっ、あの~~、もう、これでもスーパーサイヤ人なんですけどぉ~。」

「そっ、そうだよな、やくやってるよ。」

彼女は頑張ってくれた。
雑用から、生地の丸め・・・即戦力として。

「今まで、学校で触った以上に、もう、ここで生地を丸めました。」

たどたどしかった丸めが、綺麗に早くなった。

実習生としてではなく、バゲットマジシェンヌの一員だった彼女。

「3週間ありがとう。」

クリリンより愛を込めて。

そして彼女は、アルバイトとして、これからも。。。

「なんで、テンチョウがクリリンなんですか?」

「なんとなく。。変身出来ないしぃ。。。

フォロー


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です