パン屋の将来は?


写真は、去年の名瀬の小麦。。。

先日、問屋さんとこんな話しをした。

「将来、中国やインドの台頭等で食料が不足し
外麦小麦の価格高騰ばかりか、入手も困難になる。」

現在、内麦(国産小麦)の方が、外麦(輸入小麦)より高価で
製産量も多くない。

パン屋が出来る事・・・内麦を使う事。
手遅れになってからでは遅い。

しかし、結局、国内で同じ事になるだろう。
内麦の、需要と供給のバランスが崩れ、高値もしくは入手困難。

先日、名瀬の農家さんに小麦の話しを聞いた。
「今年は作っていない。」
今のシステムでは、商売にならないのだ。

この食料問題は、小麦に限った事ではない。

国が、なんとかするだろう。
まぁ、なんとかなるだろう。

本当にそれで済む事なのだろうか。

フォロー


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です