シュトレン。


シュトレン最終便も、ほとんどご予約で
いっぱになりました。

ありがとうございます。

今年最後のシュトレン、少し試してみます。
2013シュトレンとなるかもしれません。

ヨーロッパの背景、ドイツの歴史を調べているうちに
ふと気づいたのです。

もちろん、基本的な配合、味などは変わりませんが
味に奥行きが出るんじゃないかと考えています。

コスト的にはアップです。
あっ、販売価格も変更ないですよっ。

すでにお買い上げ頂いたお客様に
お叱りを受けるかもしれませんが
決行します。

職人として、美味しくなるかもしれないのに
来年まで待っていることが出来ないのです。

もし、コアなファンの方がいたら
是非、お試しください。
って、お店に数個しか並びませんが。。。

どうしても知りたい方は、厨房の奥にいる
僕を呼んでください。教えます。

フォロー


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です